ブログランキング いつも1クリックありがとうございます。 banner2.gif

2007年12月20日

星に願いを

こんにちは。ばばなです。

初めての人は、初めまして!
ばばなです。
今後ともよろしくお願いいたします。

完全に、流行語が「寒い」に
なってきました。
温泉行きたい。

前回の続きです。
前回読んでない人はこちらから読んで下さいね。

http://aryaryakorya.seesaa.net/article/71051483.html

彼女はニット帽をかぶり、少しロールの掛かったブラウンの髪が彼女の印象を引き立てていた。少し大きめだが、丈の長い淡いピンク色のセーターを着て、ジーンズとブーツを履いていた。

おしゃれだな〜、なんて思いながら見とれてしまったが、昔と比べると一目で分かる程にかなり痩せていた。確か、僕の5つ年下だからもう30歳になっているはずである。
小柄だけど胸が大きくて、色白で、大きな目が印象的な、かわいらしい顔は相変わらずであった。

昔の淡い思い出と、切ない思い出が入り交じり複雑な心境だが、今となっては、大分昔のことだから淡い思い出の方が競り勝ち、ましてや、好きな人=僕のタイプであるから、純粋にもっと話などをしたい気持ちが強かった。

「で、今何してるの?」

『で、〜』とは便利な言葉である。いきなり本題に入れるから僕は会話の中で多用してしまう。ビジネスにはあまり向いてないですけど。

で、話しに戻ります。(^^ゞ

「探し物〜。んふふ。」
ちょっと、小生意気っぽく微笑みながら言っている。

「はいはい、そうじゃなくて、仕事とかその他いろいろ、何しているのかなぁって思っていってみました。言葉足らずですみませんねぇ」
 
彼女には『で、〜』は通用しないようでした。

「ん〜?まずは、ばばなさんのことを教えてくれたら、私のことも話していいよ。」

「そうだよね。・・・」

「ばばなさん。今時間ある?」

「うん、すげ〜暇だよ。」

「じゃ、どっかで座って、久しぶりに話しでもしようか!」

「うん、いいよ。」
僕はこんな取り留めのない会話でも、心臓がはち切れそうなくらいに動揺していました。きっと、顔や耳までも真っ赤になっていたと思います。

「そこにスタバがあるから、そこにしよっか?」

彼女に誘われるがままに僕は一緒にスタバ(スターバックス)に入りコーヒーとサンドウィッチと、チーズケーキを注文しました。彼女はキャラメル味のミルク(なんのこっちゃ!?名前忘れました)を注文。僕はケーキやら、パンやドーナツも遠慮しないで食べればいいのにと勧めましたが気を遣っているのか、彼女はジュースだけしか頼みませんでした。

「ねぇ、本当はこういうのって、男の人から誘うものなんだからね。」
「へへへ・・・。スタバでも行くか!?」
「ばか、もう来てるよ。」

なんだか、こんな些細なやりとりが凄く懐かしく、心地の良い気分でした。

席に着くと僕はスーツのポケットから携帯と、たばこを取り出して、テーブルの上に並べた。ポケットに入れておくと嵩張(かさば)るので席に座ると取り出す癖があった。

すかさず彼女が僕のたばこと100円ライターを手に取り、
「これは没収します。有害物質です。体に悪いから辞め時なよ。」
と言って、バックの中に入れてしまった。

そんな、やりとりで段々と僕の緊張も解けてきて、テンションも上がっていたせいなのか、なんだか普段の僕ではないように饒舌(じょうぜつ)にしゃべりまくりました。

あれから、8年も経っていることや、その間に2回転職したこと、今の会社に引き抜かれて入ったのはいいが、給料が前の会社の半分以下になってしまっていること、はたまた、そば打ちのやり方や、Yシャツのアイロンがけのこだわり等々、気が付けばどうでもいいようなことまで堰(せき)を切ったようにしゃべりまくっていた。
実のところ、彼女を退屈にさせたくないと思い、嫌な想いをさせたくないと感じていたので一生懸命だった。

僕一人で1時間近くも話をしていた。彼女は驚いたり、笑ったり、感心したりと様々な表情で話を聞いてくれた。

「ところでさ〜、凄い痩せちゃったよね。痩せすぎなくらいだよ。」

「えっ、やっぱりわかるよね?まぁ、ダイエットの賜物(たまもの)だよね。」
「だから、ケーキとかも食べないわけなの?チーズケーキあんなにも好きだったじゃん。凄い旨いぜ、このチーズケーキ。それに、そんなにも痩せるほど我慢する必要ないって、女の子はね少しくらいぽっちゃりしている方が男は好きなんだから。」

「別に、男のために痩せた訳じゃないから心配無用です。」

「ケーキ食べなよ。俺の半分あげるから。そんなにもむりするなって。」
「ありがとう、でも、本当にいらないよ。今そんなにもお腹か空いてないし。」
「じゃぁ、一口だけでも味見してごらん、凄いコクがあって口に含んだとたんに、うまみがフワッって口いっぱいに広がる感じがするから。」
「まるで、B級グルメレポーターみたいね。」
苦笑いしながら、渋々一口だけ食べることになり、
「どう?」
まるで、自分が作ったかのように聞いてみる。
「うん、おいしい。ケーキ久しぶりに食べた。やっぱり、チーズケーキはデザートの王様だわ。」
「お互い、グルメレポーターは出来なそうだね。」
二人とも、優しく笑っていました。

彼女の左手首から、チラチラと見えるリストバンドが気になり、聞いてみた。
「ねえ、ねえ、やたらとカラフルなサポーターしてるね。」
「サポーターって言い方なんかヤダ、健康商品っぽい。遠赤外線効果で保温性抜群!って感じみたい!なんか嫌。これは、ミサンガを重ねてみたの!ファッションよ、ファッション。でも、なにげに暖かいよ。これ。」

左手首のこうを突き出して、赤や白やオレンジ色の模様がする、幅が5cmくらいあるミサンガを僕に見せてくれた。ミサンガにしてはかなり幅がデカすぎである。

「ミサンガって、ずっとつけていて、それがちぎれると願い事が叶うってやつだよね?一体どんだけの野望が詰まってるの?その大きさだと世界征服が出来そうじゃん。よく売ってたなぁ。」

「甘いな〜。ミサンガの完成品を買うのはまだまだ初心者だよ。好きな色の糸を買ってきてリリアンみたいに編むのが醍醐味(だいごみ)なの。それで、編んでいる時に願いを込めるのが本来の意味なの。恋人同士が将来の愛を誓って交換したりもするからプロミスリングなんて呼ばれていたりもするんだって。」

「ふ〜ん。でもさ、それはちぎれそうもないね。もっと細くすればよかったじゃん。」
「自分でも分かってるんだから、それ言っちゃダメ。だから、ファッションなの!」
「はははっ。でも、上手だね。よくできてるよ。」
「ありがとう。」

どんな、願い事を込めているのかは、なんだか聞きづらかったので質問ができなかった。

兎角(とかく)女は占いや願い事の類(たぐい)が好きである。そういえば、昔、合コンで占いの本を持ってきて、女子の注目を集めていた男がいたのを思い出した。女心を掴むとはそんなちょっとした努力なのだろう。

「相変わらず、他力本願だよな。」
「違いますぅ。ロマンチックって言って下さい。」

「あっ!そういえば思い出した。まだ、月にお願い事してるの?」

当時、彼女は満月を見つけると、よく願い事をブツブツと呟(つぶや)いていた。あまりにも真剣に呟いているものだから、始めの頃は何か宗教的なものに入会しているかとも思ったぐらいである。確か理由は、流れ星に願い事を唱えるのであれば、同じ星である月ならば、より大きくて、より近いので、月に願い事をしたほうが効果は絶大に違いないという持論があったからである。

流れ星が本当の星であれば、人類は消滅するだろうし、距離感も流れ星の方が遙(はるか)かに近い、大きさくらいしか合っていなかったが、月に拝んでいる姿があまりにも真剣だから、そんなことを言うと彼女の夢を壊すようで、あえて突っ込まなかった記憶がある。きっと、彗星(すいせい)と流れ星がごっちゃになってたのだろうな。

また、その願いの内容も『痩せますように』や、『宝くじが当たりますように』や『かわいい服が見つかりますように』など、そんなにも真剣に拝むことか!?というような内容であった。

「へー、覚えてたんだ。」
あんな強烈な行為覚えていない方がおかしい。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ちょっと、長いですね。すみません。
また次回です。
師走で不思議と忙しくて更新遅くてごめんなさい。


posted by ばばな at 02:19| Comment(6) | TrackBack(0) | モトカノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
昨年は、ブログを通じて、ばばなさんと出会う事ができてよかったす。すっかり更新していない私のブログですが、また、マイペ−スで始めます。今年もよろしくたのんます。ところで、榊さんとの出会いは長編になりそうですね。ひとごとながら、やっぱり甘酸っぱくていいっすよ。
Posted by とん吉 at 2008年01月05日 23:59
あけおめで〜す。

ばばなさんホント文章書くの上手ですね。途中で日記から小説に変わってますょ(^O^)

結末が知りたいので、早く更新してくださいよ〜( ̄▽ ̄)
Posted by よこたん at 2008年01月10日 15:37
あけおめ〜。
いやあおひさです。
ホント、つらつらと文章が流れていて、
読むの楽しいです。

更新待ってます〜。
Posted by つー at 2008年01月14日 00:59
今更ですが、新年おめでとうございます〜。
お久しぶりです。

続きが読みたくてちょくちょく除いてますが
お忙しいんでしょうか?
…もしかして「異動」あったとか??
Posted by ladybug at 2008年01月17日 22:38
みなさん大変長らく更新しませんでごめんなさい。
そして、心暖かいコメントありがとうございます。
そんでもって、遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。
みなさんに出会えたことに感謝です。
今年もよろしくです。
Posted by ばばな at 2008年01月22日 12:59
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73681444

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。