ブログランキング いつも1クリックありがとうございます。 banner2.gif

2008年02月16日

男の会話


惜しくも日本アカデミー賞に
外れてしまいました ばばなです。

こう見えても、(見えないですが・・・)

ファッション雑誌に載ったことあります。
まぁ、投稿欄でしたけどね。
リチャードって名前でした。
もちろん、ペンネームですよ。

見た目は日本人です。
中身は子供!

その名も名探偵ばばな!

カミングスーン!

今日のハズしっぷりは凄いですね。

本当にブログでよかったと思います。









まぁ、このハズしっぷりは今に始まったもの
ではないのですけどね。


僕の笑いにかける情熱は「失笑」にあると
言っても過言ではないです。

KYですね。
K・・・空気
Y・・・読めない

うん。ですね。

ですから、女性と一緒にいる場が
あまり馴染めないです。
相手に物事を伝えたい時は
寸劇が始まっちゃいますからね。

あれ?なんか始まっちゃたよ!
なにこれ?長くなる?

冷たい視線に負けて寸劇も第一幕で
終幕を迎えて、オチのないまま
さむ〜い空気が流れます。


基本あまりしゃべらないですけどね。

男同士の集まりっていうか
飲みや、食事の場ではどんな会話かというと


「どう?」

「相変わらずだよ。」

意味が伝わっているのかなんだか
分かりません。

そして、他の客席を物色して・・・

「あの女だったらどう?できる?」

大抵がこんな会話です。
その女性は確実にやれちゃうという
大前提の元での会話です。

この会話をしない男はいないと思います。

僕の場合は、絶対に相手にされないのが分かっているので
必ず答えはYESです。
即答です。

「うん、全然平気だよ。」
「お願いしたい。」

但し、成人を超えている人に限りです。

なので、おばあちゃんを指名されても
「OK、OK!」

ストライクゾーンが広いと言われるわけです。

でも、これは規格外の方を選べば選ぶほど
その場は盛り上がります。


声すら掛けられないのに・・・

結局ため息です。

「さて、そろそろ行きますか・・・」

僕はお酒を飲まないけど
最後の締めはラーメン!


posted by ばばな at 23:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「貴方の事が心配だから・・」
と、時々帰宅時間を聞いてくる愛妻。
でも、そんな日は決まって便座が上がってる。

どうも、とべきちです。
今日のミクシー日記は、初めてパソコン使ったよ。
やっぱ楽だね。
ついつい長くなって、だいぶ削ったよ。
この記事には、全然関係ないけどね。

りんごさん
グミさん

ダメだよ、こんなとこ来ちゃ。
もう来ないと、先生に約束できるね?
Posted by とべきち at 2008年02月17日 00:15
好きな色は
「セクシャルバイオレット」
モヒ男です。

コメントどうもですm(_ _)m
感謝感激雨A☆RA☆SHI

まだ、ばばな様の方がKYです。
K:空気 Y:読めてます

僕だったら飲み屋でも平気で
女性にドーンッします。

ドーンッです。

好きな漫画の1コマに書いてあるんですもの。
「やっちゃえ、男の子!」
この後、津波に巻き込まれて死んじゃうんですけどね。

僕はKYですね。
K:軽く Y:横目でちらり

お後がよろしいようでm(_ _)m
Posted by モヒ男 at 2008年02月17日 23:14
モヒ男さん

僕が子供の頃に見た成人映画のポスターで
「やりんこチエ」
ってのがありました。
なんか、そんなん思いだしました。

とべきちさん


それ言っちゃダメ
ここは至って真面目なブログですので安心です。
そろそろ文部省が推奨すると思います!

あと
今度はきちんと便座を下ろします。
Posted by ばばな at 2008年02月18日 14:12
きっちゃたー
Posted by りんごあめ at 2008年02月20日 11:53
りんごあめさん

いらっしゃい!
Posted by ばばな at 2008年02月20日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。