ブログランキング いつも1クリックありがとうございます。 banner2.gif

2008年02月22日

猫の日

 
我が輩はー、猫なり〜♪

今日は2月22日です。

猫の日ですね。
きっとね。

こんにちは ばばなです。

僕が小学生の頃の話しです。

学校帰りに、茶色と白の模様の子猫を拾ってきました。
当時、僕はよく生き物を拾ってきては
親にしかられていました。

もっぱら、捕獲しやすいカエルとかトカゲとか
両生類、ハ虫類系が多かったですね。

蛇を捕まえてきて、首にヒモを付けて飼おうと
したこともありましたが、翌朝逃げていました。

犬と同じ扱いは出来ませんね。

今では、気色悪くて触ることも出来ないのに
不思議なものです。

話しを戻して、
拾ってきた子猫を家族に内緒で部屋に隠しました。

その子猫は、前足が片方潰れていてビッコを引いていました。
多分、車か何かに踏まれてしまったのでしょう。

もう傷は無いのですが、上手に歩くことが出来ません。

子猫を部屋に残して、僕は冷蔵庫に牛乳とお皿を持ってきて
すぐに、部屋に戻りました。

子猫は、僕の足に体中をこすり付けて
もの凄く鳴いていました。

僕はその泣き声を聞いた時、子猫が

『どこにも行かないで、一人にしないで!』

って、鳴いているように聞こえました。

僕は子猫に

「ごめんね。ほら、牛乳を持ってきたからあげるね。
そんなにも、まとわりついちゃったらあげられないよ。」

と、言いながらお皿に牛乳を注ぎました。

注ぎながらも、すぐに子猫はお皿の牛乳を飲み始めました。

「ほら、注ぎづらいよ。ちょっと、どいてよ。誰も取らないから。」

子猫は、喉をならし、鳴きながら小さい舌を使ってペロペロと飲んでいます。

「喉が渇いてたんだね。ごめんね。」

一生懸命に鳴きながら牛乳を飲んでいる姿を見ていたら
なんだか、涙が流れてきました。

給食の残りのパンもあげました。

パンを食べて、たくさん牛乳を飲んだあと、子猫は僕に擦(なす)りついて
喉をゴロゴロならしたり、僕の身体によじ登ろうとしています。

僕は子猫の喉を撫でてあげました。
ところが、おもっていた感触とは違います。

よく見ると、子猫の喉元は毛が抜けていて傷があります。

傷は喉だけではなく、耳の先端も割れていたり、
毛が抜けていたりしていました。身体も所々皮膚が見えている状態です。

最近できた傷ではないようです。

まだ、子猫なのに辛い思いをしてきたのかと思うと
余計に涙が出てきました。

子猫は必死に僕に甘えようとしています。

「大丈夫だよ。僕がずっと一緒にいてあげるからね。ごめんね。」

って、可哀相になり猫を抱きしめてあげました。

部屋の暖かさと、空腹が満たされた子猫は僕の膝の上で寝てしまいました。

僕は子猫の頭を撫でてあげながら、いつのまにか一緒に寝てしまいました。

窓の外はすっかり暗くなり、外からは人や鳥の声も聞こえなくなり
遠くで走る車の音が外のメインサウンドになっていました。

部屋の向こうで、母親が「ご飯の準備をするから早く来なさい」と
呼ぶ声で僕は目が覚めました。

そっと、子猫を床に下ろし居間に向かおうとしましたが
子猫も起きてしまいました。

「ちょっと、待っててね。ご飯食べたらすぐ戻るからね。」

僕の後をついてこようとしている子猫を無理矢理
部屋に押し戻して居間に向かいました。

子猫は大声で鳴きながら僕を呼んでいます。

『こら、鳴くな。見つかっちゃうだろ!』
と、思いながらも食事の手伝いをしに母親のいる方へと
向かいました。

子猫は僕の部屋で鳴いています。
大きな家ではないから家中に鳴き声がに響き渡っています。

『まずい、ばれる』


 
あれ?なんか、長くなっちゃたので
続きにします。

猫好きです。将来の夢は飼い猫になりたいです。
posted by ばばな at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猫派のfuwahamuです。

猫飼いたいなあ〜
田舎では猫がず〜っと一緒でした
一緒に寝ていましたから。
家庭を持ってからは
猫アレルギーが居るから
ダメなんですよね。
Posted by fuwahamu at 2008年02月22日 11:00
ばばなさんの優しい気持ちと小学生の透明感ある気持ちが伝わってきました。
続きがすごく気になります。
Posted by ミルク at 2008年02月22日 12:19
フワハムさん

動物がいると家庭が和みますよね。
アレルギーの人が可哀相ですから
シーマンで我慢してください。

ミルクさん

嬉しいコメントありがとうございます。
頑張ります。っていうか楽しんでいます。

Posted by ばばな at 2008年02月22日 18:37
ばばなさん、やっばし「やさしか」人ですなあ・・・イメ−ジぴったり・・・・・・あっしんちは、盛りのついたメス猫2匹で、あっちこちにマ−キングするは、障子はジャングルジムと化すはで、ブチ切れそうですがな。。。しかし、それでも、猫語が話せるか−ちゃんには敵わないのです。。ちなみに、か−ちゃんちの実家には猫4匹と子猫多数・・さらに油性マジックで眉毛のイダズラ書きをされた犬1匹、ハムスタ−にって・・・ムツゴロウかいな・・・
Posted by トン吉 at 2008年02月22日 22:42
時間になったので来て見ましたが・・
続きがアップされてませんね(;。;)残念です。
Posted by ミルク at 2008年02月23日 00:04
とん吉さん

動物いっぱいで、楽しそうですね。
動物って、純粋で良いですよね。
眉毛犬・・・ぷぷぷっ(^o^)
太い眉毛に悪い子はいません。
奥さんの猫語すごいっす!

ミルクさん
楽しみにしていたのに、みられなかったみたいでごめんなさい。
よく、サボりますのでその時はまた言ってください。やる気が出ます。

あと、念のため更新ボタンをポチっと押してみてください。
ありがとうございます。

Posted by ばばな at 2008年02月23日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85392639

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。